« 町田生活と健康を守る会 | トップページ | これが日銀総裁? 儲かれば何でもありの日本に »

2006年2月 4日 (土)

「産む機械…頑張って」の本音

柳沢厚労相の失言?で急落中の安倍内閣の支持率低下にいっそう拍車をかけている。それよりも、こんな人に少子化対策を任せたら、どんなことになるのか恐ろしい限りだ。

女性が怒るのは勿論だが、女性は同時にみんなのお母さんなのだ。だから、怒るのは女性だけではない。女性から産まれたすべての人が(男性から産まれた人はいないと思うけど)怒って当たり前。機械からぽんぽん造られた大量生産の人間には誰もなりたくない。

だから、これは、表現の問題とか失言とかではなく、柳沢という人の、根本的な考え方から生まれてきた発言のはずだ。
「1人アタマでがんばってもらう」と言うのは、戦時中のように「産めよ、増やせよ」で消耗品としての兵隊づくり・人間増産を思い出す。少子化問題、子どもをつくるということ、親と子と社会について何ら人間的な考察ができない、こんな人たちが、安倍さんの取り巻きとなっている安倍さんとはどんな人なのかと思う。

いま、なぜ、少子化が進行しているのか、若い人たちが、社員になれず、安い給料でなかなか結婚もできないでいる。結婚しても共働きでなければ家賃も払っていけない。

例えば、東京の最低賃金は日本で一番高いが、それでも時給719円では、食っていけないことは、前の記事で書いたが、それより遥かに高い月給20数万円でも、都心で仕事をしそこで住めば家賃は10数万円掛かるので.
共働きでなければ生活できない。
だから、子どもをつくるには大変なことなのだ。共働きで子どもをつくれる社会環境…職場や地域の子育て支援体制があまりにも弱い。

「1人アタマで頑張って」などで解決できる問題ではない。今回の柳沢厚労相の発言を単なる失言で終わらせないで欲しい。その責任を取らせることは当然だが、これを機会に(機会はこれだけではないが)、少子化問題を根本から解決するためにこそ頑張って欲しい。
高い議員報酬と政党助成金まで貰っている政党や議員さんたちに、心を入れ替えてもらいたいと思うのは、私だけではないだろうが…。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/611059

この記事へのトラックバック一覧です: 「産む機械…頑張って」の本音:

» 振り込め詐欺 トラックバック ホームページ制作会社のブログ
売り上げアップにつながるSEO/SEMテクニック。ネットで稼ぐためのノウハウ。 [続きを読む]

受信: 2006/04/12 21:30:28

» オレオレ詐欺について トラックバック オンラインサービス研究会
最近では、フィッシング詐欺も増えていますが、オレオレ詐欺も依然としてすごいようです。そもそも、オレオレ詐欺とは、親族を思う気持 [続きを読む]

受信: 2006/07/08 8:23:04

» オレオレ詐欺 トラックバック オレオレ詐欺
これをみていて思ったことは、電話というものは 近い将来、本人確認の認証機能が必要になりそうですね。 [続きを読む]

受信: 2006/07/20 10:43:26

» お金と借金の周辺リンク トラックバック お金と借金の周辺リンク
キャッシングに関するホームページにも色々ありますが、最近チェックしたところといえば、弁護士による自己破産やお金を借りる・返すな [続きを読む]

受信: 2006/08/10 20:52:37

コメント

コメントを書く